世界遺産エアーズロック東京・名古屋・大阪発

※ウルルはアボリジニの聖地であるということを理由に、エアーズロック登頂は2019年10月25日をもって禁止となります。


ホリディのエアーズロック観光

大自然の神秘をじっくり観光していただくために、安心の日本語ガイドが同行

エアーズロック観光には、すべて日本語ガイドが同行。言葉の心配が要らないので、気兼ねなく観光をしていただけます。
※エアーズロック登山の際は麓まで同行してご案内し、下山後またご一緒します。

イメージ

・軍手
・虫よけネット
・ナップザック

朝食入りのリュックサック

イメージ

日の出を待ちながらの昼食後、徐々に姿を現すウルルをご覧ください。



カタジュタ観光とウルルのサンセット観賞

イメージ
36個の巨大な岩が集まってできた奇岩群は、ウルルの高さを超える大きさです。そのわきの遊歩道を歩き、自然の驚異を感じられます。

イメージ
サンセット観賞イメージ
夕暮れとともに7色に変わると言われるウルルの姿をスパークリングワインで乾杯しながらご覧いただけます。

イメージ
星空観賞イメージ
夕暮れ後は、オーストラリア食材のバーベキューディナーを召し上がれます。天気が良い日は、満天の星空の中で南十字星をご覧いただけます。

ウルルのサンライズ観賞とウルル観光

イメージ
日の出を待ちながらの朝食後、徐々に姿を現しだすウルルをご覧いただけます。ウルルのサンライズ観賞後、登山口が開いてる場合、ツアーは2つからお選びいただけます。

イメージ
A.ウルルの登山とふもと散策コース(登山+クニヤウォーク)
登山ルートは最初の3分の1程は約45度の急斜面です。設置されている鎖を使って登れます。頂上では360度に広がる地平線をご覧いただけます。
B.ウルルのふもと散策コース(マラウォーク+クニヤウォーク)
ウルルのふもとには数々の伝説や壁画があり、ガイドがご案内します。自然が創りだしたハートのくぼみは"クニヤウォーク"でご覧いただけます。

エアーズロックの気温・服装

エアーズロックリゾートマップ
エアーズロック周辺の観光拠点・エアーズロックリゾート。広大な敷地にはホテルからキャンプ場などのさまざまな宿泊施設のほか、レストランやファーストフード、銀行、売店、郵便局などが集まるショッピング・スクエアがあり、とても便利。エアーズロックまでわずか20kmというロケーションの中、雄大な自然を感じながらリゾート気分を満喫できます。

エアーズロック登山について共通のご案内

●ガイドは、エアーズロック登山には同行しません。「エアーズロックふもと散策(クニヤウォーク・マラウォーク)&アボリジニ・カルチャーセンター」に同行・ご案内します。
●天候(高温・強風・雨等)やアボリジニの文化的な理由(祭事等)により、登山口が予告なしに閉鎖となる場合があります。登山口が閉鎖となった場合は、「エアーズロックふもと散策(クニヤウォーク・マラウォーク)&
アボリジニ・カルチャーセンター」に変更しての催行となり、返金などはありませんので、あらかじめご了承ください。
●エアーズロックは、先住民のアボリジニにとって重要で神聖な場所とされています。ツアーでは登山にご案内いたしますが、お客様の判断で、「エアーズロックふもと散策(クニヤウォーク・マラウォーク)&アボリジニ・カルチャーセンター」を選択いただくことも出来ます。
●※ウルルはアボリジニの聖地であるということを理由に、エアーズロック登頂は2019年10月25日をもって禁止となります。