初めてのオーストラリア旅行におすすめ!メルボルン

初めてのオーストラリア旅行におすすめ!メルボルン初めてのオーストラリア旅行におすすめ!メルボルン

  • イメージメルボルン
  • イメージメルボルン
  • イメージメルボルン
  • イメージメルボルン
  • イメージメルボルン

メルボルンの基本情報

メルボルンはシドニーに次ぐ大都市で、「南半球のヨーロッパ」と言われるほどヨーロッパの面影が残る街です。温暖な気候と豊かな自然が魅力で「世界で最も住みやすい街」に毎年ランクインしています。

オーストラリア地図

気候
春は9〜11月、夏は12〜2月、秋は3〜5月、冬は6〜8月。年間を通じて日差しが強いので、日焼け止めとサングラスがあると良いです。
気候情報 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
最高気温 20 17 14 14 15 17 20
最低気温 11 9 7 6 7 8 10
降水量 57 56 49 48 50 58 66
※気温は℃、降水量はmm
通貨・チップ・カード
「オーストラリアドル(A$)」が使われています。
紙幣は世界でも珍しいプラスチック製!水に濡れても大丈夫です。
両替するなら、日本国内より到着空港や市内の両替所がおすすめ。
チップは原則的には不要です。
クレジットカードはほとんどの場所で利用可能。
現金を両替して使用するよりレートが良いので、ぜひ持って行きましょう。
ビザ
3ヵ月以内の観光滞在の場合、ETAS(イータス/電子登録式簡易ビザ)の取得が必要です。自身でインターネットで取得、または旅行会社に依頼するという手段があります。
所要時間
成田発の直行便で10時間30分。カンタス航空やJALが運航しています。
時差
日本との時差は+1時間。(日本が0時の時、メルボルンは1時。)10月第一日曜から4月第一日曜まではサマータイムが導入され、+2時間となります。
税関・検疫
オーストラリアは固有の生態系保護のため、税関・検疫検査がとても厳しい国。 インスタント食品等も没収の対象となるので、事前にチェックしてから行きましょう。
言語
公用語は英語で、イギリス英語が基本。でも少し独特な言い回しの"オージーイングリッシュ"が話されています。
電圧
220〜240V、周波数は50Hz。プラグは日本と異なるOタイプなので、変換プラグが必要です。
治安
一般的には治安状態がいいですが、荷物等は盗難に充分注意を。夜間の女性のひとり歩きは避けましょう。

トップへ戻る

メルボルンで遊ぶ

コアラ

大聖堂や州議事堂などの歴史的建造物と、緑豊かな自然が共存する街。最新のアートスポットや地元でも人気のカフェなど見どころ満載!トラムを乗りこなして街歩きに出かけましょう。

待歩き

オーストラリア第2の都市メルボルンは「南半球のヨーロッパ」といわており、建物や庭園などにヨーロッパの面影が残る美しい街です。世界遺産のロイヤルエキシビジョンビルディング、若手アーティストのアパレルから高級ブランドまで幅広く取り扱うショッピングアーケード、美しい緑が楽しめる庭園や美味しいコーヒーに出会えるカフェなど、何日いても飽きないメルボルンの魅力を便利なトラムを使って探しに行きましょう。

▲タップで拡大できます

他にも見どころがいっぱい!

  • ビクトリア国立美術館 考古学品から西洋絵画まで、世界から集めた充実のコレクションを楽しめます。常設展は無料です。
  • メルボルンスター シティを一望できる南半球最大の観覧車。20人乗りなので大勢でもOK。

カフェ

本場パリ以上にカフェが多いともいわれているメルボルン。バリスタやロースター達がこだわりぬいた淹れたコーヒーと次々出会えるのがこの街です。苦味や酸味だけではない個性豊かなコーヒーの中からお気に入りを見つけてみてください。

  • デューク・コーヒー・ロースター (Dukes Coffee Roasters)

    フリンダース・ストリート駅から歩いて数分。City Libraryのすぐ隣に位置し、勉強の息抜きに来る学生や、近隣で働いているビジネスマンがテイクアウトでよく利用するお店です。自家焙煎のコーヒー豆を使用したこだわりの一杯を味わえます。

  • キャプテンズ・オブ・インダストリー (Captains of industry)

    賑やかなElizabeth Streetから1つとなりの小路にひっそりと佇むカフェ。シティの中とは思えないほど落ち着いた空気が流れています。街の喧騒から離れて一息つきたい方におすすめ。

  • ホープトン・ティールーム (Hopetoun Tea rooms)

    19世紀から営業を続ける由緒あるカフェ。優雅な雰囲気が漂うビクトリア調のインテリアに囲まれて、昔ながらのリボンサンドウィッチやハイティーが楽しめます。

メルボルンのカフェをもっと見る

グルメ

  • 海と山、豊かな自然に恵まれたメルボルンは、世界各地からシェフが集う食の都。ギリシャやアジアなどの各国料理から、それらを融合して進化を続けるオーストラリアンキュイジーヌまで、好みや予算に合わせて様々に楽しむことができます。

郊外に行こう

シティの魅力あふれるメルボルン市内を少し離れると、雄大な自然やかわいい動物に出会うことができます。 大自然の中を、開放感あふれるパッフィンビリ―鉄道で駆け抜けたり、世界有数のワインの産地でテイスティングツアーに参加したり、「世界で最も美しい海岸線」をドライブすることもできます。大都会を満喫したあとは、郊外へ足を伸ばしてみては。

  • ヤラバレー|ヤラグレンの街を中心に約80軒のワイナリーがが点在しており、
世界大会で受賞歴のあるワイナリーも多い世界い有数のワインの名産地。数軒のワイナリーをめぐるツアーに参加して自分好みのオーストラリアワインを探してみましょう。 ヤラバレー|ヤラグレンの街を中心に約80軒のワイナリーがが点在しており、
世界大会で受賞歴のあるワイナリーも多い世界い有数のワインの名産地。数軒のワイナリーをめぐるツアーに参加して自分好みのオーストラリアワインを探してみましょう。
  • パッフィンビリー鉄道|1900年に開設されたオーストラリア最古の蒸気機関車が大自然の中を駆け抜けます。緑濃い温帯雨林や
木製のトレイスル橋など、ダンデノン丘陵の美しい風景が見どころ。
  • フィリップ島|メルボルン市内から車で
1時間半ほどにあるフィリップ島は野生動物の楽園。名物は「ペンギンパレード」海から巣に戻る様子を間近で見ることができます。
  • グレートオーシャンロード|「世界で最も美しい海岸線」と称される
ドライブルート。243kmにわたる海岸線には途中、奇岩群や野生動物に出会えるスポットも。海と断崖を照らす夕日は期待を裏切らない絶景です。 グレートオーシャンロード|「世界で最も美しい海岸線」と称される
ドライブルート。243kmにわたる海岸線には途中、奇岩群や野生動物に出会えるスポットも。海と断崖を照らす夕日は期待を裏切らない絶景です。

トップへ戻る

おすすめツアー

【10〜4月出発】 メルボルン フリープラン5日間
<成田発着/カンタス航空直行便利用>
空港⇔ホテル間は安心の送迎付!フリープランなので自由な滞在をお楽しみいただけます!

メルボルンへ行くツアー一覧はこちら

はじめての旅行におすすめ

その他のオーストラリアの都市へ行くツアー

トップへ戻る

Copyright All right reserved by KNT Co.,Ltd.