海外ツアー【ホリデイ】・ネット専用【クリッキー】

東南アジア世界遺産東南アジア世界遺産10選

  • カンボジア
  • ベトナム
  • タイ
  • インドネシア

東南アジアでおすすめの世界遺産を
検索の多い順でご紹介します。

NO.1 アンコールワット カンボジア

NO.1アンコールワットカンボジア

アンコールワットはクメール王国を代表する大寺院で、世界中から観光客が訪れるスポットです。
世界遺産に登録されている数々の文化財は、創建された12世紀前半から今まで変わらぬ迫力と美しさを保っています。
また、アンコールワットから見る朝日や風景は絶景で一生に一度は見ておきたい景色。悠久の文化をじっくりと味わうことができます。

スタッフが教える、ここがポイント!

アンコールワットでのお土産にはぜひ「アリババ・パンツ」をおススメします!布がサラサラで暑いカンボジアでもとっても履きやすく過ごしやすくなっています。アジアの雰囲気が出るグッズですので、ぜひ旅の記念にお試しください。

持ち物ワンポイントアドバイス

遺跡周辺は赤土で、白いスニーカーは赤くなります。汚れてもいい歩きやすい靴をご準備ください。

NO.2 ハロン湾 ベトナム

NO.2ハロン湾ベトナム

北ベトナム最大の観光地で、広さ約1500平方kmの湾内に、大小あわせて2,000を超える奇石群と神秘的な鍾乳洞が楽しめます。1994年に世界自然遺産に登録されました。ハロン湾は「竜が降り立った場所」という意味を持ち、別名「海の桂林」とも呼ばれ、ベトナム随一の景勝地として多くの観光客が訪れています。

スタッフが教える、ここがポイント!

ハロン湾の奇岩群とエメラルド色に輝く海の美しいコントラストはまさに絶景。ハロン湾の魅力をたっぷり満喫したい方には、6時間クルーズのプランがおすすめです。

持ち物ワンポイントアドバイス

ハロン湾の船は、よほどのことがない限り揺れません。穏やかなクルーズが楽しめます。気になる方は酔い止めを飲んでお出かけください。

NO.3 アユタヤ タイ

NO.3アユタヤタイ

アユタヤは東西約7km、南北約4km、四方を川に囲まれた島状の街です。タイの古都として知られ、14世紀から約400年続いた南アジア最大の交易地として栄えたアユタヤ王朝の首都でした。世界遺産も多く、3基の塔がある「ワットプラスリサンペット」、木の根に埋まった仏頭が残された「ワットプラマハタート」、草むらに巨大な寝釈迦仏が横たわる「ワットロカヤスタ」など見応えたっぷりです。

スタッフが教える、ここがポイント!

遺跡の宝庫のアユタヤ!バンコクからの日帰り観光が一般的です。

持ち物ワンポイントアドバイス

タイはお寺や王室関連施設の観光が多いことからも帽子は不向きです。暑い日の観光には日傘が便利です。

NO.4 ホイアン ベトナム

NO.4ホイアンベトナム

古くはシルクロード交易の拠点として栄えた街ホイアンは、1999年にその美しい街並みが世界遺産に登録されました。
ホイアンの魅力は、ビーチリゾートと、世界遺産にもなったベトナムの古き良き町並みが同時に楽しめることです。
17世紀の面影を残した町が色鮮やかなランタンに照らされる幻想的な風景は、訪れた人の記憶に長く残るでしょう。

スタッフが教える、ここがポイント!

ノスタルジックな雰囲気を残しつつも、カラフルでおしゃれな街並みが魅力です。レトロモダンという言葉が似合うホイアンは女性におすすめです!

持ち物ワンポイントアドバイス

夜のランタンが幻想的ですが、虫たちもよってきます。虫よけスプレーは必需品です。気になる方は風通しの良い薄手の長袖がおすすめです。

NO.5 ボロブドゥール インドネシア

NO.5ボロブドゥールインドネシア

ジャワ島中央部にある仏教遺跡。アンコールワットと並ぶ壮大華麗な遺跡で、単一の仏教遺跡としては東南アジア最大のものとなっています。19世紀の初頭に発見され、8世紀頃に王朝を築いていたシャイレーンドラ王家の設立といわれていますが真実は謎のまま。さらに石組みにも謎があり、接着剤が一切使われていない精密な建築技術となっています。

スタッフが教える、ここがポイント!

朝日に染まるボロブドゥールは一見の価値あり!バリ島発着の日帰り観光が一般的ですが、ぜひジャワ島に宿泊可能なツアーへの参加をおすすめします。

持ち物ワンポイントアドバイス

とにかく日影がありません。帽子とお水は必須です。
高さのある階段が待ち構えているので歩きやすい靴だけでなく、足が上げやすい服装をご準備ください。

NO.6 ライステラス インドネシア

NO.6ライステラスインドネシア

バリ島の山間部に位置する芸術の村・ウブドから、さらに約8kmほど北にある小さな村・テガララン。その見どころは世界遺産の「ライステラス」。絵画のように美しい棚田が広がる人気スポットです。緑色の稲が渓谷を鮮やかに彩る絶景は「神々の階段」とも称され、世界中の人々を魅了しています。

スタッフが教える、ここがポイント!

ライステラス付近にはレストラン・カフェが点在しています。のどかで美しい田園風景を眺めながらランチやバリコーヒーを楽しめば、癒されること間違いなしです。

持ち物ワンポイントアドバイス

ライステラスを歩いて渡ることもできますが、手すりのない急な階段を歩くため、歩きやすい靴をおすすめします。

NO.7 フエ ベトナム

NO.7フエベトナム

フエはベトナム最後の王朝グェン王朝の都があった町です。
町はフォーン河を挟んで新市街と旧市街に分かれていて、河沿いに広がる旧市街の町並みは、グェン王朝時代の美しい建築が見所です。
グェン朝の王宮は、皇帝廟や寺院と共に世界遺産に登録されています。
またフエ宮殿美術館では、かつて宮殿で使われていた家具や磁器、真鍮製品などが展示されています。

スタッフが教える、ここがポイント!

フォーン河をボートで移動しながら寺院や廟を訪れるツアーもあって、リーズナブルで便利と人気があります。

持ち物ワンポイントアドバイス

夏場の日差しの強さは半端ではありません。帽子より風通しの良い日傘がおすすめです。

NO.8 アンコールトム カンボジア

NO.8アンコールトムカンボジア

縦3km×横3kmの城壁で回りを囲まれたクメール王国の最大の都市です。中心にはバイヨン寺院があり、都市の四方に5つの大きな門があり、さらに城壁の外のお堀が都市を守っています。様々な遺跡や歴史的な建造物がありますので遺跡巡りにはぴったりの観光地です。アンコールトムでかつてのクメール王朝に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

スタッフが教える、ここがポイント!

近ツーなら、アンコールトム遺跡内で象乗り体験をすることができるコースもございます!象に乗ってのんびり遺跡観光(約15分)をお楽しみください。

持ち物ワンポイントアドバイス

細かい段差の石の上を歩くことがあります。
滑りにくく、底(ソール)の厚い靴をご準備ください。

NO.9 ティルタウンプル寺院 インドネシア

NO.9ティルタウンプル寺院インドネシア

「ティルタ」とは「聖なる水」の意味。寺院内部の泉から湧く聖水は、病気を治癒する不思議な力が宿るとも言われています。その聖水を引いた沐浴場には多くのバリの人々が沐浴(ムルカット)をしたり、水を汲みに訪れます。沐浴場には22か所の水の吹き出し口があり、目的毎に分かれています。

スタッフが教える、ここがポイント!

バリの人々の信心深さを感じることができるスピリチュアルなスポットです。バリらしい光景に出会えます。

持ち物ワンポイントアドバイス

観光客でも沐浴が可能です。体験してみたい方は、着替え・タオル等を予めご持参ください。着替えのためのスペースはありません。

NO.10 プレアヴィヘア寺院 カンボジア

NO.10プレアヴィヘア寺院カンボジア

天空の寺院「プレアヴィヘア寺院」では、あたりを一望する絶景を見ることができます。
遺跡の内部は崩れているところもありますが、迫力と美しい建造物は今でもしっかりと残っています。
遺跡を歩き進め、大きな岩を登りきると絶景があなたを待っています。
カンボジアの大自然を感じることのできるこの景色をぜひ生で体感してみてください。

スタッフが教える、ここがポイント!

6〜10月頃までは雨季にあたり、雨の後は道が悪くなったり、足元があまり良くないこともありますが 緑が生い茂り、乾季と一味違った自然美を目にできたり、運が良ければ遺跡と虹のコラボが現れるかもしれません。もちろん、快晴なら絶景が待っています!

持ち物ワンポイントアドバイス

山頂まではピックアップトラックに乗車するため、乗り降りしやすい柔らかい生地の服がおすすめです。

ページトップへ